鍵の種類と形状の違いとは?

シリンダーは運搬人の鍵を運ぶ鍵穴です。

多くの場合、シリンダーおよびシリンダーを開くためのキーはキー付きのキーとして表されます。

シリンダが異なる場合、各キーの各キーの形状に違いがあります。

同じ種類のキーを同じ種類のシリンダーで挿入して閉じることは不可能です。

したがって、重要な場所に鍵を接続すると、その場所のセキュリティが強化されます。

ただし、単純キーであれば、簡単にスペアキーを作成できるため、セキュリティの意味が失われます。

この記事では、メインキー、シリンダータイプ、およびそれぞれの機能について紹介しますので、参考にしてください。

入り口のドアに最適です!

メインキーとシリンダータイプ

かなりの種類のキーとシリンダーがありますが、それぞれのタイプと形状には違いがあります。

この章では、一般的に使用されているシリンダの種類について説明します。

ディスクシリンダ

ディスクシリンダーは、日本の多くの家屋で一般的に使われているキーのタイプです。

キーはギザギザの形をしており、シリンダは垂直の穴です。

非常にシンプルな作りで、大量生産も可能でしたので、キーで比較的安く購入して取り付けできるので、スペアキーを安く作ることができます。

爆発的な人気を誇るディスクシリンダーですが、メリットはありますが、一方で、盗難の容易さなどのデメリットや犯罪防止のための不安などの懸念があります。

最近では、住宅での使用が少なくなっているタイプです。

ピンシリンダー

ディスクシリンダーほどではありませんが、日本の家屋では広く使われています。

これは、バンピングと呼ばれる簡単にロックが解除されたタイプです。

防犯専門のキーと比較して性能は劣るものの、安価に設置できるため、現在でも住宅地で使用されています。

ディンプルシリンダー

ディンプルキーとも呼ばれるキーの一種です。

それは鍵の表面に丸いくぼみがあることが特徴で、予備の鍵を作ることはほとんど不可能だと言われているので、防犯側を期待することができます。

戸建て住宅やマンションで頻繁に頻繁に使用されることが多いが、最近建てられた家屋ではこのシリンダーを使用することが多い。

回転シリンダー

キーはギザギザで、誤ったロックなどに強い

住宅用だけでなく、公共施設などにも採用されており、安心して安価に設置することができるため、キーとなっています。

住宅用のシリンダーとして、上記のキーが主に挙げられます。

その中で防犯性能は特に優れており、ディンプルシリンダーや回転シリンダーは近年最も人気があります。

各キーとシリンダータイプの中で推奨されるキー……

第1章では、キータイプとシリンダタイプを紹介しましたが、これらのタイプの中でも、製品とパフォーマンスによって細かく分類されています。

数十、数百のタイプがありますので、実際にシリンダーのタイプを選択すると失われてしまう人もいます。

この章では、各キーとシリンダータイプの中で推奨されるキーを紹介します。

回転シリンダー

上述したように、回転シリンダは安全性に優れている。

その中でも、セキュリティ対策に優れたものを紹介します。

U9シリンダー

U9シリンダーは、キーの国内シェア60%以上のトップメーカーであるMika Rockによって開発された製品です。

そのタイプは回転シリンダーであると言われていますが、主要な違いは約150,000通りです。

シリンダーの中でもリーズナブルな価格で購入できるので、防犯性の高いキーに変更したい方、少し安くても一度検討してください。

PRシリンダー

PRシリンダは、Miwa Rock社製シリンダである。

その中で、2WAY回転シリンダーと呼ばれるキー構造は、キーと接触するときにメインタワーとサブタンブラーの2つの構造を持つキーです。

U9シリンダーと比較して、約1000億の異なるキーの違いがあります。

ディンプルシリンダー

ディンプルシリンダも犯罪防止に優れた鍵です。

その中で、ロックを解除するのに約10分かかるキーに注目しましょう。

GVシリンダー

GVシリンダはディンプルシリンダに分類されます。

これは国内初のキーメーカーであり、日本のキーメーカー独自のディンプルキーを初めて開発したゴールコーポレーションです。

GVシリンダーは厳しいCP認定試験に合格した鍵ですが、誤ったロックの鍵です。

キーの違いは、キーの中で巨大な数字である約1,000,280億であるようです。

WXキーシリンダ

関連記事

ページの先頭へ