キーを回すのが難しいときはどうしたらいいですか?

出かけるのではなく、家で回りにくいなどのトラブルはありませんか?

おそらくそれは重要な内訳です​​。

失敗したキーを離れると、障害状況はさらに悪化する可能性があります。

また、防犯面では非常に危険ですので、早期対策をお試しください。

今回は、重要な問題に対処する方法を紹介します。

すべての重要な状態を完璧にすることで、防犯対策を徹底してみましょう。

キーで頻繁に尋ねられるトラブル

いくつかの種類の重大な問題があります。

まず、自宅の鍵の状態から症状を調べましょう。

主要な関係に関するよくある問題

・キーを抜くことはできません。挿入できません。

・キーが回転しにくい

・キーが曲がって歪んでいる

– 異物がキーホールに入り、除去できない

重大な問題には大きな症状があります。

私は直ちにそれを修正したいという欲望を理解していますが、重要な問題が発生したときには決して行うべきことはありません。

修理を始める前にしっかりと確認しましょう。

鍵に問題があるときは絶対にNGです

キーを回すのが難しいなどのトラブルがあっても、急いで演技してはいけません。

私が是正しようと考えていた救済策は、実際にはNGの行動かもしれません。

重要な問題が発生した場合、まず静かに行動することが重要です。

鍵が問題になったときに何をしてはいけないのですか?

・強制的に開こうとする

鍵や鍵穴が故障したときに強制的に鍵を回す人もいますが、力で鍵を回すと、鍵に異常な負荷がかかります。

鍵を壊すなどの二次的な被害につながるため、絶対にしないでください。

・ワイヤー等でキーを開けよう

ピッキングなどのためにワイヤを使用するという強いイメージのため、それを見ることによってやろうとする人は多いですが、この行為は鍵穴に損傷を与えます。

また、キーホール内でワイヤー等が破損した場合は、取り外すことができず、修理代が不必要に高くなる。

・当面解体してみる

知識なしで任意に分解することは推奨されません。

なぜなら、状況を悪化させる可能性は、あなたが内部を見てそれを取り除くと修正できるという、率直な考えでそれを分解すると消えてしまうからです。・修理には使用しないでください

オイルを入れると潤滑剤のようになり、キーの動きが滑らかになるというイメージがあるかもしれませんが、これは逆の効果です。

非排他的なオイルでは、キーホールが余分に汚れ、ほこりなどの異物が簡単に付着します。

ほっといて

鍵の欠乏があるという状態は犯罪防止にも不向きであり、時がたつにつれて良くなるわけではないので、適切な対策を講じることが重要です。

できるだけ早くそれに対処しましょう。

重大な問題があるときに何をすべきか

ここでは、トラブルごとに正しい解決方法を紹介します。

発生している症状に応じてチェックしましょう。

・キーを抜くことはできません。挿入できません。

キーまたは鍵穴が劣化し、変形している可能性があります。

請負業者に交換を依頼しましょう。

あなたが再び出てこないときの応急処置として、キーを左右に回しながら引っ張ったり、キーホールにダスターを入れて空気を吸い込んだりする方法があります。

強制的に引き抜くことを忘れないようにしましょう。

キーは回転が難しい

キーとキーホール内のシリンダーの一部が一緒に収まりきらない可能性があります。

異物や埃が入る可能性がありますので、キーホルダーにエアーダスターなどで空気を送り込み、掃除しましょう。

また、キーが回らない生涯の兆候かもしれません。

取り付けから10年以上経っていれば交換を考えてみましょう。

キーが曲がって歪んでいる

変形したキーは基本的には使用できませんので、強制的に使用しようとするとキーホールが破損する可能性があります。

スペアキーを救急として一度使用しながらキーを交換しましょう。

鍵穴に異物が入った

小型の掃除機や空気ダスターで空気を送りましょう。

その方法で取り出しできない場合は、自分で処理するのが難しいので、業者に取り出して各鍵穴を交換するよう依頼してください。

古い鍵はロッカー鍵交換です。

鍵の回しにくさや脱出などのトラブルを引き起こす鍵は、多くの場合悪化していることが多い。

それだけでなく不便であるだけでなく、犯罪防止にも問題がありますので、できるだけ早く鍵を交換することをお勧めします。

鍵交換が自分でできないようなことはありませんが、分解されて専門的な仕事に戻ることができないリスクを考えているときは、業者に依頼することもお勧めします。

建設コストやサービスは請負業者に応じて変わるので、一度見てみましょう。

また、自宅の鍵が「円盤型」の鍵ですか?

ディスクシリンダは、キーがギザギザの形で挿入されているキーの一種です。

古いキーであれば一般的な形状ですが、このキーは不正なロック解除に対して強くないという欠点があります。

交換の際には、「ディンプルシリンダー」をお勧めします。

伝統的なキーとは異なり、ギザギザではなく、表面に空洞を持つタイプのキーとなっています。

コストは幾分高いですが、これまでのキーと比較して非常に防犯的なので、キーを交換するときはタイプを変更することを検討してください。

まとめ

鍵は家を守る犯罪防止の基礎です。

故障が発生した場合は、慌てて是正措置を取らないでください。

また、キーを回すのが難しいなどのトラブルを解決したい場合は、プロの業者に相談することをお勧めします。

その場合は、手数料や工事の内容を正しく確認してください。

また、複数の業者を比較し、より良い業者を選択することも重要です。

関連記事

ページの先頭へ