シリンダーロックとは何ですか?

シリンダーロックは、固定された外筒と回転可能な内筒の2つのシリンダーからなる状態ですが、長時間使用すると劣化します。

私が使用しているシリンダーロックが古くなっているので、新しいシリンダーロックに変更したいと思います。

今回は、「シリンダーロックタイプ」と「業者にシリンダーロックの交換を求めるときの注意点」を紹介します。

シリンダーにはたくさんの種類がありますので、新しいシリンダーと交換することを考えているなら、見てください。

シリンダーロックとは何ですか?

シリンダー錠の機構

シリンダーロックは、固定された外側シリンダーと回転可能な内側シリンダーの2つのシリンダーで作られた状態です。

シリンダーはシリンダーの意味を持ち、日本の家屋には多くのものが使われていると言われています。

シリンダーにはもう一つのチューブがあり、外側シリンダーと内側シリンダーにはタンブラー(障害物)があります。

キーを挿入すると、内側のシリンダーが回転してロックが解除されます。

部屋からシリンダー錠をロック解除するには、つまみを回して親指を回します。

非常に多くの種類のシリンダーロックがあります

ある言葉には多くの種類のシリンダーロックがあります。

頻繁に頻繁に使用されるシリンダー錠のタイプを紹介します。

ディスクシリンダーロック

穴あけした穴のような形をしたディスクタンブラーを使用したシリンダーロックです。

Diskはディスクを意味します。

1970年代にディスクシリンダーロックが広がった。

それは頻繁に頻繁に使用されるので、それは2000年頃から選ばれるようになり、安全性の低いキーと言われています。

ロータリーディスクタンブラーロック

ディスクシリンダーをより防犯性の高いものにしたタイプです。

内筒は複雑な構造を有し、ロッキングバーと呼ばれる棒状部に係止されている。

キーを挿入するとき、内側のシリンダーが回転し、ロッキングバーの位置に完全に適合すればロックが解除されます。

回転式ディスクタンブラータイプには様々なタイプがありますので、種類によってピッキングが容易かどうかは異なります。

ピンシリンダーロック

ピンシリンダーロックはキーのギザギザのキータイプです。

ピン状のタンブラは直線状であるため、ピンシリンダと呼ばれています。

それは簡単な構造で作られているので簡単に選ぶことができる鍵です。

改善があるようですが、安全性は低いキーです。

ディンプルシリンダー錠

複数の列のピンがさまざまな場所に配置されている高い防犯性能を持つキーです。

残りの章でそれらを詳しく紹介します。

マグネットタンブラーシリンダー錠

マグネットはキーとタンブラーの両方に取り付けられ、S極とN極は反発します。

タンブラーが押し出され、キーを回すと内側のシリンダーが回転してキーが開きます。

構造が複雑であるが、安全性は高いが、磁石を長時間使用して劣化するため、キーを差し込むことが難しく、鍵を回すことができない。

セキュリティの高さが高い場合、ロックはディンプルシリンダです

先に述べたように、ディンプルシリンダーロックは、複数の列のピンがさまざまな場所に配置されていることを保証する鍵です。

ピッキングダメージを防ぐために作られたキーなので、簡単に開けることはできません。

侵入のために5分以上かかると泥棒は諦めると言われています。

そのため、ディンプルシリンダーロックは防犯性が高いと有効な鍵です。

ディンプルキーは、裏側なしでどちらかの側に差し込むことができます。

従来のキーのようなギザギザがないという特徴もあります。

住宅だけでなく、店舗の鍵としても使われることがあります。

シリンダーロックはどこで変更できますか?

シリンダー錠の交換は、それ自体で行うことができますが、業者に依頼することが賢明でしょう。

シリンダーロックをしっかりと取り付けることができない場合があります。

私は自分でシリンダーロックを取り付けましたが、実際には取り付けが不十分である可能性がありました。

経験豊富な業者に迅速に尋ねることにより、シリンダーロックを慎重に取り付けします。

推奨シリンダーロックはディンプルシリンダーロックです。

ディンプルシリンダー錠剤は、安全性を高めるために作られています。

請負業者に質問するときに心配するのは費用がかかりますか?

どのくらいの費用がかかります。

・ディスクシリンダーロックの交換約5,000円

・ディンプルシリンダーを約15,000円から

この価格は目安です。

防犯性能が高く、新しい鍵として価格が高くなる傾向があるようです。

交換コストの基本的な内訳は、キーボディ、シリンダーロック、作業手数料です。

旅費などの他の費用が必要な場合もありますので、業者に連絡する際に確認してみましょう。

業者を選ぶ際のポイントを紹介します。

・料金を提示していますか?

あなたが仕事をする前にどれくらいの費用がかかっているかを見積もるのは良いことです。

・アフターサービスはありますか?

経験豊かなディーラーに尋ねても、キーに問題があるかもしれません。

そのような時にメンテナンスフリーの人は安全です。

まとめ

今回は、「シリンダーロックタイプ」と「キー交換の業者に尋ねる際の注意点」を紹介しました。

シリンダーロックは、固定外筒と回転可能な内筒の2つのシリンダーからなる状態であり、多くの種類のディスクシリンダーロックなどがあります。

高い防犯性能を持つ鍵であれば、ディンプルシリンダーロックをお勧めします。

高いセキュリティ性能は、貧弱なピッキングが特徴です。

業者にキーを交換するように依頼するとよいでしょう。

経験豊富な業者に依頼することで、すぐにディンプルシリンダーロックに変わります。

関連記事

ページの先頭へ